現在日本で不妊治療を受けているカップルは6組に1組の割合となっています。
卵子の老化はもちろん不妊の大きな原因になりますが、男性不妊も不妊原因の半分をしめるといわれています。

質の良い卵子と精子がきちんと出会って、胚が育ち、着床できないと妊娠はできません

しっかりお話をお聞きし、解決しなければならない問題、目標、今のお体の状態、病院での検査結果等を考慮し、治療を組み立てていきます。

体調を整えつつゆっくり妊娠を考えたい方、できるだけ早期に妊娠へ向かいたい方、人工授精、体外受精を何度しても妊娠に至らない方、二人目のお子さんがなかなか授からない方、妊娠の前に生理を整えておきたい方、流産をくりかえしてしまう、などお一人お一人環境や抱えられている問題、考え方も違います。

ともに同じゴールを目指して頑張っていきたいと思います。
治療頻度は、5日毎(3回/2週間)もしくは1回/1週間、となります。治療内容により必要な頻度を説明させていただきます。

当院で行う治療

  • 卵質改善
  • 着床障害の抑制
  • ホルモン分泌の調整 など

卵質の改善について

 卵子の元になる卵母細胞は、女児がまだ母体内にいる胎生5ヶ月頃に最も多く、約700万個作られますが、その後急速にその数が減少し、出生時には、約200万個となり、排卵が起こり始める思春期頃には、30万個まで減少します(図2)。

そのうち、排卵する卵子の数は400~500個(1%以下)です。つまり、排卵する卵子の年齢は実年齢とほぼ同じであることになります。このように卵母細胞の数は増加することはなく、37歳頃を過ぎると急速に減少し、卵母細胞の数が約1,000個以下になると閉経します。

図2
  • 鍼灸治療により、染色体異常を減らせるかは今後研究していかなければならない課題ですが、豊富な栄養を持つ卵子を作っていくことは可能だと考えております。それは様々な論文や先駆的に不妊鍼灸をされてきた先生方、治療に来られた方々のデータを見ると明らかです。鍼灸治療に来院されて約3~4か月後に効果が見られる方が多くおられます。排卵される卵子は約120日前に準備を始めて少しずつ成長していきますが、この日にちと鍼灸の効果が現れる時期が重なります。卵子が成長を始める時期から、卵巣への血流を良くしてたくさん栄養を与えてやることで、胚盤胞まで成長ししっかり着床するまでの長旅を乗り越えてくれる卵子を作っていきます。
  • 鍼灸による治療では、エビデンスのある治療法を元に治療を組み立てます。また、当院ではスーパーライザーによる自律神経調節、骨盤内血流改善も併用して治療していきます。ホルモンの分泌、免疫、血流に自律神経はとても関係します。
  • また皮膚の下7~8㎝にある卵巣の血流を正確に改善させるためスーパーライザーによる近赤外線照射を最も効果的であると位置へ照射していきます。

不妊鍼灸に関するよくある質問

不妊治療についての質問

JISRAM(Q&A) 詳しくはこちらをご覧下さい。(http://jisram.com/faq/

生理周期のいつから鍼灸治療を始めたらよいですか?

どの時期から始められてかまいません。生理中ですと生理痛が楽になります。低温期ですと卵質を向上させるため、高温期ですと子宮内膜に対しての治療を致します。

妊娠判定後、鍼の治療は続けてもよいですか?

妊娠12週がひとつ目安にしています。つわり、腹部の感、疲労感、腰痛 などが鍼灸治療で楽になりますので、出産直前まで通院を続けられる方もいらっしゃいます。